ご挨拶

マクドナルド 愛子リーからのメッセージ

ホームページへお越しいただいた皆様へ、

初めまして、そしてご訪問いただき、誠にありがとうございます。

企業の目標達成を助けるフリーランス型副社長のマクドナルド愛子リーと申します。

多くの方から、「なぜ、今の仕事にたどり着いたのか?」と聞かれることがあります。それは、私が今までキャリアを目指して歩んできた道のりにあります。

思い返すと、20歳で社会人になってから、転職を何度も繰り返し、自分は、飽きっぽいのかと感じた時期もありました。本当に自分が何がしたいのか、様々なことにチャレンジしながら、篩に掛ける道でもありました。そんな私の人生は、ハードルを乗り越える連続だったと感じます。

なかなか思ったような結果が出ず、一時はアメリカへ移住も考えたことがありましたが、29歳で転換期を迎え、35歳でヘッドハンティングとキャリアとしてやっと日の目を見ることができたのです。

40代を迎え妊娠・出産と子育てをしながらも、「自分は、一体何ができるのだろう」と自問自答していく中で、15年前も変わらない想いがあることに気づきました。

それは、

「生きていればなんだってできる」

人生は、何かを達成していく連続の日々です。

企業の目標もですが、企業の要となる社員、そして個々の目標も同じです。世の中の全ての事には法則があり、それを知って実践することで、身につけることができるのです。例えば歌が歌えない、これは単に歌い方を知らないだけなのです。ですから逆に言うと、歌える人は、「あなただからできた」のではなく、歌い方を知っているだけに過ぎないのです。「目標達成」も同じです。法則を知りそして実践することで、誰にでも身につけることができるスキルなのです。

フリーランス型副社長とは私の造語です。

経営者に寄り添う、フリーランスのVP的存在、というイメージです。1企業に属するのではなく、いろいろな経営者の方々のコンサルタントとして、時には厳しく(笑)共に目標を達成できればと思います。

モデルのお仕事依頼は、インスタグラムからDMにてお問い合わせください。(上のキューブをクリック)

経歴

OL、起業、外資系会社の管理職、グローバルビジネスコンサルタント等、ビジネスキャリア歴22年、42歳でキャリアバリバリから専業主婦へ転身。

2018年から再度活動を開始。

軌跡
20代からキャリアを目指し、自分の使命を探すべく転職を繰り返す。

 

 

29歳で死の淵を体験した時、浮かんだ言葉が

「まだ自分の人生は始まってもいない。誰かの為に何かがしたい」だった。

自分が朽ち果てても、誰かの心に生きる、そんな生き方をしたいと感じ、

今までは、自分のキャリアばかり考えて、社会に貢献・お返ししていくということなど考えてもいなかった自分には、人生の大きな転換期となる。

 

死の淵から立ち直れた時、

「生きていれば何だってできる」と奮起する。

 

35歳の時に外資系企業にヘッドハンディングされ、36歳で副社長に就任。在籍中は、化粧品や健康食品、オーガニック商品など300種類の商品を日本にローチング。また2週間でドラッグストア出店/メキシコ支社オープンや、大型イベントの主催(2000人規模)、全く新しい戦略を打ち出し、日本市場に果敢にチャレンジし実現するなど、数々のプロジェクトで

手腕を発揮、手がけたプロジェクトは遅滞なく全て達成し、その後グループ全体の売上は、年商500億を達成する。

 

40歳でミセスユニバースに出場し、世界5位、Mrs Charityの称号を獲得、アジアではトップという結果を出す。

 

その後、妊娠を機に現役を退き、外資系企業のコンサルとして活動。

産休の後、社会貢献として、100年後に届けたい志「2018年全国講師オーディション」に出場し、見事ファイナリストに選ばれる。

 

現在は、数々の偉業を達成してきた経験を生かし、企業の目標達成を重点的に経営者や起業家の相談、指導、外資系企業の日本支社立ち上げコンサル、またフリーランスモデルとしても活動し、現在は、オーダーメイドシューズ「KIBERA」の専属モデル、Peach Johnリアルサイズモデルとして年齢という枠に囚われず、チャレンジを続けている。

​Model Work & Fashion pictures

HP produced by @planning.LLC.

営業時間:(月)(火)(木)(金) 9:00-13:30 (水)  9:00-11:00   土日祝日休み